ソーシャルファームとは

 

ソーシャルファームとは?

「ソーシャルファーム」とは、自律的な経済活動を行いながら、就労に困難を抱える方が、必要なサポートを受け、他の従業員と共に働いている社会的企業のことです。今後都は、ソーシャルファームの創設や活動を促進していきます。

就労に困難を抱える方を多く受け入れる社会的企業「ソーシャルファーム」は、1970年代にイタリアで誕生しました。
海外には、「ソーシャルファーム」と呼ばれる社会的企業が多数存在しています。現在では、ドイツ、イギリス、フランスなどに広がり、ヨーロッパ全体で約10,000社、また、韓国でも約2,000社が存在します。
主として障害のある方など、就労に困難を抱える方が、他の従業員と一緒に仕事をする場として発展しています。

ソーシャルファームPR動画(Long Ver.)

ソーシャルファームPR動画(Short Ver.)

・認証事業者一覧はこちら
・事例紹介についてはこちら